坐骨神経痛

HOME  > 坐骨神経痛
  • 長時間のデスクワークがつらい
  • マッサージをしても改善されない
  • 痛みや痺れで毎日不安な気持ちになる
  • 痺れが原因で転びそうになる

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは坐骨神経痛はおしりの筋肉などに大きな緊張や圧迫があると、
坐骨神経が緊張している筋肉に更に圧迫されてしまい痛みが出てしまいます。
また坐骨神経は、筋肉にはさまれた位置にあるので、
少しの緊張でも痛みが発生しやすいと言うわけです主な症状としては

  • お尻から太もも裏をとおり足へかけての痛みやしびれを感じる
  • 身体を動かした場合、痛みやしびれがより悪化する
  • 痛みがひどく歩行が困難になる
  • 足に力が入らなくなる
  • お尻、足の感覚がおかしくなり座っていられない
といったようなものがあり、日常生活に支障をきたすようなことにもなりかねません。
坐骨神経痛施術イメージ

坐骨神経痛の原因

原因としては様々なものがあり、
変形性腰椎症・椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症・ お尻の筋肉の緊張
などがあり、神経が圧迫されたり、
血流が障害されたり
することにより症状があらわれます。

坐骨神経痛の施術

カイロプラクティックにより、
骨盤の歪みをとり正常な位置に戻し、
筋肉の緊張や血流の障害を
いい状態にし、また手技療法により、
筋肉の緊張をとりのぞき、筋肉をさらによい状態にすることによって、楽な状態になります。

うすぐち接骨院はこんな施術をします

  • ソフトなカイロプラクティックによる歪みの矯正
  • 整体(スポーツマッサージ)療法による筋肉、関節へのアプローチ
  • 即効性が期待できる鍼灸治療
  • 施術後の良い状態を保つ包帯、テーピング療法

施術内容によっては、保険がきかない場合があります。
一度ご相談下さい。

症例集

坐骨神経痛治療録:宝塚市在住 40代 男性

Aさんは1ヶ月ほど前から、腰~右のお尻、そして右太ももの裏あたりが徐々に痛くなり、今では痛みに加えしびれまで感じるようになり、歩く事にも支障が出るほどになるとのことで、来院されました。
状態をみたところ、腰から右のお尻の筋肉、右太ももの筋肉が凝り固まっており、体の歪みをみたところかなりの歪みがあり、体の右側に大きく負担のかかる状態にあることがわかりました。カイロプラクティックにより体の歪みを取り除き、片方にかかっていた負担を軽減したうえで、鍼灸治療及び手技療法により凝り固まっていた筋肉を緩め、坐骨神経への圧迫を軽減させるといった施術を数回続けました。
これらの施術により、痛み、痺れが改善され、現在では日常に支障をきたすことなく過ごされているとのことでした。
このように体の歪みが通常ではかからない部分に負担をかけ、思いがけない症状を引き起こす事が多々あります。同じような症状でなかなか改善されない方にはぜひこのような施術をお勧めいたします。

ページ先頭へ