オスグット・成長痛

HOME   > オスグット・成長痛
  • スポーツをしていて痛みが取れない
  • 曲げるのも伸ばすのも痛くてできない
  • 走ると、ひざが痛い
  • 階段の昇り降りがとてもつらい

オスグット・成長痛

オスグット

オスグッドとは

発症は概ね10~14歳で
サッカーやバスケット、テニス、バレー
などジャンプしたり、走ったりという脚を
酷使するスポーツをしてる子供達に
多くみられ膝蓋骨の少し下方の
盛り上がったところ(脛骨結節)に痛み
と腫れを生じます。膝を伸ばす動作は、
大腿の前面にある大腿四頭筋が
収縮して、脛骨結節が引っ張られて起こります。しかし、この部分は成長期では
まだ軟骨の部分が多くて弱いため、
繰り返し引っ張られることで
骨や軟骨の一部が剥がれ痛みがおこります。

オスグッドの施術

基本的に使いすぎによって発症することから、
極力損傷部位にストレスをかけないようなバランスのよい体を作るために、
カイロプラクティックで体の歪みをとり、
手技療法で疲労した筋肉の疲れを取り除いてあげることにより改善されます。
このように膝だけの問題ではなく、バランスのよい体を作ってあげる事が大切です。

うすぐち接骨院はこんな施術をします

  • ソフトなカイロプラクティックによる歪みの矯正
  • 整体(スポーツマッサージ)療法による筋肉、関節へのアプローチ
  • 即効性が期待できる鍼灸治療
  • 施術後の良い状態を保つ包帯、テーピング療法

施術内容によっては、保険がきかない場合があります。
一度ご相談下さい。

症例集

成長痛治療録:10代 男性

足が痛いとのことで中学生の男の子が来院されました。
体の歪みが見られたのでカイロプラクティックで歪みの調整を行いました。
成長にともない、骨と筋肉の一部に負担がかかり痛みが出たと考えられたため、体のバランスが崩れたのだと結論付けらます。
体のバランスを調整することにより、一箇所にかかっている負担が分散され、 数回の施術により膝の痛みは改善されました。
うすぐち接骨院では、中学生の患者さんも来られることも多いので 一度気になった方はお越しください。

ページ先頭へ