手足のしびれ

HOME 産後の骨盤矯正

こんなお悩みありませんか?

  • こんな症状でお悩みではありませんか?
  • 産後の腰痛に悩んでいる
  • 産後の骨盤の開きがきになる
  • なかなか体重が戻らない

  • 子供を産む前のズボンが履けるようになりたい

痛くない骨盤矯正

手足のしびれ産後の骨盤は赤ちゃんが縦になったり、横になったりしながらでてくるため、開いているというよりは歪んでいる事が
多いのです。
日常生活の習慣で骨盤が開く のとはまた違い、ねじれた形で開いている事がほとんどです。骨盤は背骨を軸に左右対称になっているのですが、産後の骨盤は上下に開いています。その為に恥骨が圧迫されたり、股関節に負担がかかり、"恥骨痛"や"股関節痛"、"尾てい骨痛"等をおこします。

骨盤のズレは腰痛や肩こり、むくみや冷えをもたらし女性特有の生理痛がひどくなる事もあります。産後のケアをしっかりすることで防げる症状もたくさんあります。うすぐち接骨院ではボキボキ、バキバキというような無理な矯正はおこないません。
トムソンベッドという特殊ベットを使い、自分の体重を利用して骨盤矯正を行えますので、
安心安全に矯正を行うことが出来ます。産後の不調に悩まれている方はぜひ一度お越しください。

 

 

うすぐち接骨院産後骨盤矯正 Q&A

骨盤矯正で体調不良が改善

骨盤の歪みを元に戻す事により、骨盤の中に入り込んでいた内臓が元の位置に戻り、しっかりと機能することによりポッコリお腹や下半身のむくみがスッキリするので体重はもちろん、見た目もスッキリします。逆に骨盤矯正をしないと骨盤の中に内臓や脂肪が入ってしまいお尻が大きくなってしまったり、骨盤に脂肪が

のってしまうポッコリお腹になってしまいます。


出産後はいつから通えるの

目安としては普通分娩の方も帝王切開の方も 2ケ月ぐらいからをおススメしています。

産後すぐの方が骨盤が動きやすく軟らかいのですが、産後の身体はデリケートですので無理のないようにしてください。

心配な方は一度ご相談にも受け付けますのでご連絡下さい。


出産後はいつから通えるの
産後に原因不明の頭痛やひどい肩こり、吐き気に襲われる方もおられるようです。妊娠によって交感神経と副交感神経が上手く作動する事が出来ず起こる事があり、骨盤の歪みを解消することで改善されることがあります。 骨盤の歪みによって筋肉が変に引っ張りあったり、神経を圧迫することにより、自律神経の伝達や血液循環に問題がおこります。病院に行ってもきちんと診断がでなくて悩んでいる方は一度、うすぐち接骨院にご相談ください。

症例集

カイロプラクティック治療録:宝塚市在住 20代 女性

3か月前に出産し、現在、育児と家事に追われている。最近腰が思うように動かず、特に深夜の授乳中などに腰痛が強く出現。
身体の歪みを調べたところ、産後の為とても強い骨盤の歪みがありましたので、トムソンベッドでトムソンテクニックの骨盤矯正を行いました。また育児などで患部周囲の筋肉の緊張が強いため、スポーツマッサージなどで筋肉の緊張を緩めるなどしました。数回の治療で骨盤も安定して、腰などの痛みも軽減しました。
うすぐち接骨院では、骨盤矯正は産後約3か月たってからカイロプラクティックを行います。

ページ先頭へ